【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は18日、米ファイザー製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、妊婦や胎児にも安全との調査結果を発表した。「妊娠中のワクチン接種のメリットは、妊婦や胎児へのいかなるリスクも上回る」として接種を促した。

 EMAによると、約6万5千人の妊婦を対象にした調査の結果、ワクチン接種後に合併症や流産、早産、胎児への深刻な副作用が増加する兆候は見られなかった。接種により妊婦の入院や死亡のリスクが低下することも分かったという。