東京都は20日、新型コロナウイルスに関する独自の警戒度について、感染状況のレベルを3週連続で引き上げ、4段階のうち最高度とした。医療提供体制のレベルも1段階引き上げ、上から2番目とした。

 都内の新規感染者数は、感染力の強いオミクロン株の広がりで年明け以降に急増。病床使用率も徐々に上昇しており、19日時点の病床使用率は25.9%となっている。重症者は10人。