厚生労働省は20日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを5〜11歳の子どもに接種できるよう21日にも特例承認する方針を決めた。この日開かれた専門部会で安全性と有効性を審議し、承認が了承された。同省ワクチン分科会で実施要領などの検討を経て3月以降に接種が始まる見通し。

 ファイザーが昨年11月に、この年齢層への接種の拡大を申請していた。海外では既に一部の国で接種が始まっているが、日本では5〜11歳に打てる初めてのワクチンとなる。

 子どもへの接種を巡っては、新型コロナに感染しても重症化しにくいことなどから、専門家の間でも必要性の意見が分かれている。