【ワシントン共同】米国防総省のカービー報道官は20日、記者団に対し、外国から戦闘機がウクライナに供与されたと19日の記者会見で述べたのは誤りだったと訂正した。ウクライナが部品を受け取って軍用機を整備し、運用可能な機体が増えたと説明した。

 米国防総省高官によると、ウクライナ軍が現在使うことができる軍用機は数週間前と比べ、戦闘機を含め20機以上増えたという。