【リビウ(ウクライナ西部)、ワシントン共同】ロシアが事実上制圧したとの認識を示したウクライナ南東部マリウポリについて、ゼレンスキー同国大統領は21日、制圧を否定し「軍事的、外交的な方法で包囲を破る」と述べ、抵抗を継続する意志を強調した。各国にさらなる武器供与も求め、バイデン米大統領は焦点の東部戦線に向け、重火器支援を強化すると表明した。

 バイデン氏は21日の演説で、米国と同盟国が団結して「『ウクライナ全土を占領することは絶対にできない』とのメッセージをプーチン(ロシア大統領)に発信している」と訴えた。