ロシアのウクライナ侵攻を受け、国連のグテレス事務総長は26日、訪問先のモスクワでロシアのラブロフ外相と会談した。会談後の記者会見で「人道問題の調整グループ設立を提案した」と述べ、ロシア側に早期停戦や深刻な人道危機の改善に向け働きかけたことを明らかにした。ロシア通信によるとプーチン大統領とも会談した。ロシア軍が「制圧」を宣言した南東部マリウポリの民間人避難に向けた進展が焦点だったが、ラブロフ氏との間では平行線に終わったもようだ。

 グテレス氏はラブロフ氏との会談冒頭で「早期に停戦を実現するための環境づくりをしたい」と述べた。