塩野義製薬は16日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、12〜19歳を対象とした臨床試験(治験)を開始したと発表した。オミクロン株流行以降の低年齢層の感染拡大に対応するためとしている。5〜11歳を対象にした治験も実施する予定だ。

 治験は12〜19歳350人を対象に行う。ワクチンを2回接種した後、ウイルスの働きを抑える「中和抗体」の量を、成人に2回接種した後の値と比較する。3回目となるブースター接種後の中和抗体の値も検証する。

 塩野義のワクチン開発は最終段階の治験が進んでおり、早ければ6月にも厚生労働省に承認申請する計画だ。