【パリ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は17日、フランスのカンヌ国際映画祭の開幕式に予告なしでオンライン参加した。演説でチャップリンの映画「独裁者」に言及し、プーチン大統領を念頭に「独裁者は敗れると確信している」と訴えた。

 ナチス・ドイツのヒトラーを風刺した1940年公開の「独裁者」についてゼレンスキー氏は、チャップリン作品で初の完全トーキー映画だったことに触れながら「現実の独裁者を破滅させはしなかったが、来たる自由の勝利をうたう声だった」と指摘。「新たなチャップリンが必要だ」と呼びかけた。

 会場の俳優や監督ら映画関係者は、立ち上がって拍手を送った。