【ソウル共同】韓国の韓悳洙新首相は23日、就任式で演説、経済回復の実現には格差拡大や機会の不平等、社会の対立の解消が欠かせないとして「国民統合の先頭に立つ」と表明した。不動産高騰や少子化問題などの難題も山積しているとして、首相などを歴任した経験を生かし「危機を乗り越えることに全力を尽くす」と強調した。

 韓氏は、新型コロナの防疫措置で損失を受けた自営業者らに支援金を支給する補正予算案について「国会可決後、速やかに執行できるよう備える」と述べた。コロナの感染拡大は落ち着きつつあるとしたが、今後も「科学的根拠に基づいた防疫政策で国民の命を守る」と語った。