【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は30日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、ロシアとウクライナ双方が合意すれば、両国に国連を加え、トルコ・イスタンブールで会談を開催すると提唱した。信頼醸成に向けてトルコが「監視メカニズム」の役割を果たす準備があると説明した。ウクライナのゼレンスキー大統領とも電話会談し、今後の仲介に意欲を示した。トルコ大統領府が発表した。

 ロシア大統領府によると、プーチン氏はウクライナから穀物を輸出する船舶の安全確保のためトルコ側と協力する用意があると表明した。