【ロンドン共同】エリザベス英女王(96)の在位70年を記念し、ロンドンのセントポール大聖堂で3日、女王の治世をたたえる感謝礼拝が執り行われた。チャールズ皇太子夫妻ら王室メンバーが参列。英BBC放送などによると、当初出席を予定していた女王は「時折生じる歩行上の問題」から欠席した。

 王室の公務を2020年に引退し米国に移住し、英国に一時帰国中のヘンリー王子夫妻も礼拝に出席した。夫妻が英国でそろって公に姿を見せるのは引退後初めて。

 女王は2日のイベントに精力的に出席したことで身体的に不快感が生じたという。