【ソウル、北京共同】韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮による5日の短距離弾道ミサイル8発の発射に対抗し、米韓両軍が同じ8発の戦術地対地ミサイル「ATACMS」を日本海に向けて発射したと発表した。北朝鮮をけん制する狙いがある。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信などは6日朝、同国の5日の短距離弾道ミサイル発射を報じなかった。5月4日以降、5回続けて発射を公表しない状況になった。開発の進展を誇示するため発射を自国メディアで公表してきた従来の方針が変わった可能性がある。

 聯合ニュースによると、6日午前4時45分からの約10分間に韓国側が7発、米側が1発を発射した。