【ソウル共同】韓国大統領府は7日、駐日大使に日本通の研究者、尹徳敏・元韓国国立外交院長を充てると正式に発表した。尹氏は慶応大で博士号を取得し、日本語が堪能。尹錫悦新政権は日韓関係改善に強い意欲を示すが、元徴用工訴訟で差し押さえられた日本企業の資産売却が迫っている難しさも抱える。

 文在寅前政権下では、元徴用工や元慰安婦の問題、日本の輸出規制強化などで両国関係が悪化。姜昌一・現駐日大使は着任後、現在まで日本の外相や首相と会談できていない。一方、尹徳敏氏は4月に尹錫悦氏が派遣した政策協議代表団のメンバーとして訪日し、岸田文雄首相ら政財界の要人と会談した。