【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は9日、重要政策を決める党中央委員会拡大総会が8日招集され、金正恩党総書記が司会を務め議題の討議に入ったと報じた。核・ミサイル開発を中心とする国防計画や新型コロナ対策、経済運営などが扱われるとみられる。初日の内容は伝えられていない。総会は数日続くとみられる。

 米韓や日本は北朝鮮が7回目の核実験の準備を終えたとみており、総会内容や金正恩氏の発言が報じられるかどうか注視している。

 北朝鮮メディアは、会場に出席者らが8日、マスクをせずに向かう場面の写真を公表。新型コロナ対策の効果を示す狙いもあるとみられる。