接客にたけているとされる温泉旅館の女将は、客の不満げな表情を敏感に察知しているとの研究結果を生理学研究所(愛知県岡崎市)が14日、英科学誌に発表した。柿木隆介名誉教授(脳科学)は「精神論ではなく、なんらかの訓練でおもてなし技術を習得できるようになるかもしれない」と話している。

 実験には愛知県蒲郡市の温泉旅館で接客を担当する女性ら21人が協力。笑顔、怒った顔、無表情などの画像をランダムに表示し、直後の脳波を測定した。画像を見て0.1秒後の脳波の状態は、怒った顔や無表情の画像を見たときのみ、接客経験のない女性グループ19人と比べ、女将らに大きな反応があった。