【ワシントン共同】11月の米中間選挙に向けて南部サウスカロライナ州で14日、連邦下院選の共和党予備選の投開票が行われた。同州の7選挙区のうち、トランプ前大統領が自身に批判的な現職に「刺客」を仕向け、党内での影響力を測る試金石になると目された2選挙区で1勝1敗の見通し。2024年大統領選出馬を目指すトランプ氏を巡り、党内のせめぎ合いが浮き彫りとなった。

 AP通信によると、昨年1月の議会襲撃でトランプ氏を糾弾し下院の弾劾訴追決議に賛成した共和党10議員の1人、現職ライス氏が刺客に敗北することが確実になった。トランプ氏と対立する現職メース氏は刺客を退けた。