【キーウ共同】ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は16日、米CNNテレビに、要衝セベロドネツク市で多くの市民が取り残されているアゾト化学工場からの退避について、ロシア軍の砲撃が続いているため「不可能だ」と述べた。通信アプリへの投稿で、隣接するリシチャンスク市では空爆で4人が死亡したことも明らかにした。

 ガイダイ氏によると、子ども38人を含む市民568人が化学工場に避難している。食料備蓄は一定程度あるものの、この2週間は新たな供給ができていないという。