【北京共同】新華社電によると、中国が上海で建造していた3隻目の新型空母が17日、進水した。国産空母としては2隻目。習近平指導部は台湾への圧力を強めるだけでなく、南シナ海や太平洋での作戦遂行能力を着実に向上させる。米国との摩擦がさらに激しくなるのは必至。日本の安全保障を脅かすとの懸念も強まりそうだ。

 新たな空母は「福建」と命名された。試験航行を経て就役すれば、ウクライナから購入して改修した「遼寧」や、初の国産空母「山東」と合わせた3隻体制となる。

 満載排水量は8万トン。短時間での艦載機発進が可能な電磁式カタパルト(射出機)を備える。