【キーウ共同】ウクライナ軍は20日、同国南部にロシア軍がミサイル14発を撃ち込み、国内最大の港がある要衝オデッサ市の食糧倉庫が破壊されたと発表した。欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は20日、ロシアによる黒海封鎖でウクライナ産穀物の輸出が滞っている問題について「戦争犯罪だ」と強く非難した。

 ウクライナ軍によると、倉庫攻撃で1人が死亡した。食糧の保管量など詳細は不明。一方、ロシア側はウクライナ軍が黒海の天然ガス採掘施設を攻撃したと主張し、封鎖の続く黒海の緊張がさらに激化した。