米製薬大手ファイザーなどは14日、生後6カ月から4歳の子どもを対象とした新型コロナウイルスワクチンについて、製造販売の承認を厚生労働省に申請した。日本では5歳以上が接種対象となっており、4歳以下が受けられるワクチンはまだない。

 米国では、6月にファイザー製とモデルナ製ワクチンの緊急使用が許可され、生後6カ月以上の接種が始まった。

 ファイザー製の臨床試験では、3回の接種で上の年代と同等の免疫反応が得られるとの結果が出ている。