【ジッダ共同】米ホワイトハウスは15日、バイデン大統領がサウジアラビア西部ジッダで同日、同国のムハンマド皇太子やサウジ閣僚らと会談すると発表した。バイデン氏の大統領就任後、皇太子との会談は初めてとなる。2018年にトルコで起きた米在住のサウジ人記者カショギ氏の殺害事件を巡り悪化した関係修復を図る。

 ホワイトハウスによると、中東歴訪中のバイデン氏は15日にイスラエルからジッダ入りし、まずサルマン国王と首脳会談を実施。その後、米政権高官らとサウジ閣僚らを交えた実務協議の形式で皇太子との会談に臨む。