【エルサレム共同】中東歴訪中のバイデン米大統領は15日、イエス・キリストの生誕地とされるヨルダン川西岸ベツレヘムを訪問、パレスチナ自治政府のアッバス議長と会談した。イスラエル・パレスチナの「2国家解決」やパレスチナへの経済支援などを協議。バイデン氏にとっては、露骨な親イスラエル政策を貫いたトランプ前米政権との違いを示し、改めて関係強化を目指す。

 バイデン氏は14日、イスラエルのラピド首相との共同記者会見で、パレスチナ問題を巡り「この土地に古いルーツを持つ2民族が平和で安全に暮らすには、2国家解決が最善策だ」と強調した。