【キーウ共同】ウクライナ東部ハリコフ州のシネグボフ知事は20日、ロシア軍が同日朝に州都ハリコフを砲撃したとし、13歳の少年を含む3人が死亡、少年の姉や高齢の女性らが負傷したと明らかにした。「民間人を故意に狙い、無防備な子どもたちを攻撃している」とロシア軍を非難した。

 ゼレンスキー大統領は、米国が供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」の名前が市民に浸透していると歓迎。欧米からの対空防衛システムの支援も必要だと訴えた。

 ロシアのラブロフ外相が20日、東部2州にとどまらず、南部2州の支配も目指すと表明したことにウクライナのクレバ外相は激しく反発した。