【キーウ共同】ウクライナ東部ハリコフ州の州都ハリコフで21日、商業施設や住宅、医療施設などを標的としたロシア軍の攻撃があり、地元検察当局によると、3人が死亡、23人が負傷した。一方でウクライナ軍はロシアが制圧している南部ヘルソン州のドニエプル川に架かる大型橋を砲撃するなど南部で攻勢を強めている。

 ウクライナ軍参謀本部は21日、東部ドネツク州バフムト近郊の火力発電所に対しロシア軍の攻撃があったが撃退したと発表した。最近のロシア軍の動向として、短期契約者の大半が除隊し、長期契約が満了となった大多数の軍人も契約延長を拒んでいると主張した。