厚生労働省は22日、今年秋以降に新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンを活用して5回目などの追加接種を実施する方向で準備を始めた。専門家らの検討会を立ち上げ、適切なワクチンの種類を詰める。現時点では、重症化しやすい高齢者らを対象に想定。今後得られる科学的なデータや諸外国の動向を踏まえてその他も対象にするか検討する。

 厚労省は4回目の対象を医療従事者や高齢者施設などの職員に広げることも決め、22日から実施が可能になった。

 検討会は公衆衛生や免疫学などの専門家で構成。ワクチンが対応すべき派生型の種類などを議論する見通し。