【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、ロシアが穀物輸出に関する合意を結んだ直後に南部オデッサの商業港を攻撃したとして「ロシアは対話の機会を破壊した」と非難し、停戦交渉に応じられないとの姿勢を示した。ビデオ声明で述べた。

 ロシア国防省は24日、オデッサ港にある修理用ドック内のウクライナ軍艦と、米国が供与した対艦ミサイル「ハープーン」の倉庫を複数の精密誘導ミサイルで破壊したと発表。ロシア外務省のザハロワ情報局長は巡航ミサイル「カリブル」による攻撃だと通信アプリで認めつつ、標的は軍事施設だと強調し穀物輸出の合意には反していないとの立場を示した。