ロシア外務省幹部は24日、「精密誘導ミサイルがウクライナの軍用小型船を送り出すオデッサ港の軍事インフラを破壊した」と通信アプリに投稿し、ミサイルによる攻撃を認める一方、穀物輸出に関する合意には反していないとの立場を示した。(共同)