【ワシントン共同】バイデン米大統領は25日、米中間で調整が進められている中国の習近平国家主席とのオンラインか電話での首脳会談について、今週中に実施できるとの見通しを示した。また新型コロナウイルス感染後の経過も順調だとして、今週末までに公務を通常に戻したいとの意向も表明した。政権高官や財界関係者とのオンライン会合で語った。

 バイデン氏は約1時間にわたったオンライン会合にスーツ姿で参加。声はややしゃがれていたものの、元気な姿をアピールした。

 習氏との会談時期について「今週か」と記者団に問われると「そうだと思っている。設定されたら知らせる」と答えた。