【ロンドン共同】英政府は26日、ウクライナ侵攻を受け、ロシアのチュイチェンコ法相や地方知事、ウクライナ東部ドンバス地域の一部を実効支配する親ロ派「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の幹部ら約40人を資産凍結などの制裁対象に追加したと発表した。

 法相ら2人は、侵攻に反対する言論の自由を抑圧する新法制定に関わった。地方知事ら29人は大統領府からの指示でドネツク、ルガンスク両人民共和国に資金を送金したとしている。新たな制裁対象には富豪のウスマノフ氏の親族も含まれる。