【ワシントン、北京共同】バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は28日、電話会談し、中国が軍事圧力を強める台湾情勢を巡って互いをけん制、応酬となった。気候危機対策や感染症の大流行などに備える「健康安全保障」など協力可能な分野で対話を続ける方針では一致した。両国政府が発表した。

 両首脳の直接対話は3月以来で、昨年1月のバイデン政権発足後は電話やオンラインを含めて5回目。台湾情勢や貿易を巡って相互不信が増す中、首脳レベルで意思疎通を維持し、衝突に発展しないよう関係の管理を図った。電話会談は約2時間20分だった。