【ワシントン共同】萩生田光一経済産業相は29日、米ワシントンで開かれた外務・経済担当閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の初会合後の共同記者会見で、日米が次世代半導体の開発を加速することで一致したと明らかにした。日米の共同研究を見据え、産業技術総合研究所や東京大などが参加する研究開発組織を立ち上げる方針も示した。

 レモンド米商務長官は共同会見で、日米が半導体に関する協力を強化することで「両国の競争力を高め、重要な技術について対抗する国に依存することが少なくなる」と強調した。