【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、新型コロナウイルス感染などが疑われる発熱患者は30日夕までの1日の間に新たに確認されなかったと伝えた。新規感染がゼロとの主張は前日に続いて2日連続。「完全な安定状態が維持されている。完全終息のための段階的目標が前倒しで達成された」と感染抑え込みを強調している。

 北朝鮮当局は4月末からの累積の発熱患者数は約477万2800人で、死亡者は74人と説明。同国には十分なPCR検査態勢が整っていないため実際の感染状況は不明で、死亡率も他国に比べて異様に低く、発表には疑念も多い。