【イスタンブール、キーウ共同】ウクライナから穀物輸出を再開する第1便として同国南部オデッサを1日午前に出港した貨物船が2日夜、トルコ・イスタンブール沿岸に到着した。トルコ国防省が発表した。これまでの航行は順調で、3日に臨検を受けた後、中東レバノン北部トリポリに向かう。

 輸出はロシア、ウクライナと仲介する国連、トルコの4者の合意に基づき再開した。航行を共同監視するため4者が設置した「合同調整センター」の担当者らが3日、貨物船に乗り込み、積み荷の中身などを確認する。

 貨物船は、トウモロコシ約2万7千トンを運ぶシエラレオネ船籍の「ラゾニ(RAZONI)」。