【台北共同】台湾国防部(国防省)は6日深夜、中国福建省に近い台湾の金門島に6日夜、所属不明のドローン3機が飛来したと発表した。金門島では3〜5日にも所属不明のドローンの飛行が確認されている。中国が実施している大規模演習の一環の可能性が高い。

 国防部は飛行の状況を把握しているとした上で「引き続き監視を続け、厳戒態勢を維持する」と強調した。