【ワシントン共同】バイデン米政権は第2次岸田改造内閣の発足を受け、日米同盟深化に向けた岸田文雄首相の強いリーダーシップに期待する。中国による台湾周辺での軍事演習や、北朝鮮の度重なるミサイル発射など東アジアの安全保障環境が厳しさを増す中、岸田政権が掲げる防衛力強化の方針を支持する。

 安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃され死去した事件は米国でも衝撃が広がったが、米政権は自民党が大勝した7月の参院選結果を踏まえ「岸田氏は強い立場と影響力を維持できるはずだ」(米政府関係者)とみる。