【北京共同】中国共産党は16日、台湾の駐米代表部に相当する台北駐米経済文化代表処の蕭美琴代表ら7人をかたくなな「台湾独立」勢力と認定し、制裁すると発表した。ペロシ米下院議長の訪台を巡り、独立を目指す本性を現したと指摘した。国営通信新華社が報じた。

 蕭氏ら本人や家族が中国を訪れることを禁止する。昨年11月にも蘇貞昌行政院長(首相)ら3人に同じような制裁を科していた。