【ソウル共同】韓国の尹錫悦大統領は17日、就任から100日となり、今後の国政運営について記者会見を行った。就任以降「歴代最悪の日本との関係を速く回復させ、発展させている」と強調、改めて関係改善に強い意欲を表明した。歴史問題については、普遍的価値に基づき未来志向的に取り組むとし「両国が譲歩と理解を通じて円満に解決できると信じている」と述べた。

 最大懸案の元徴用工訴訟を巡り「日本が憂慮する主権問題の衝突なく、債権者(勝訴した原告)が補償を受けられる方策を検討中だ」と述べた。