和歌山県太地町で1日、イルカなど小型鯨類の追い込み漁が解禁された。反捕鯨団体の抗議活動を監視する警察官が警戒する太地漁港から、地元漁協に所属する「太地いさな組合」の漁船12隻が日の出とともにイルカの群れを求めて出港した。この日は台風の影響で、30分ほどで帰港。漁獲はなかった。

 港周辺には「太地イルカ漁を阻止」などと書いたのぼりを手にした動物愛護団体のメンバーとみられる数人がいたが、大きな混乱はなかった。小畑充規組合長(56)は「明日は天候が良くなる見込み。少しでも多く水揚げできるよう頑張りたい」と話した。