【ソウル共同】韓国の最大野党「共に民主党」は1日、検察当局が李在明代表に公職選挙法違反の疑いで出頭を要請したと明らかにした。李氏は3月の大統領選で尹錫悦大統領に僅差で敗れた。共に民主党は「野党弾圧だ」と反発した。聯合ニュースなどによると、検察当局は6日に出頭するよう要請した。

 国会で過半数の議席を占める共に民主党が尹政権への対抗姿勢をさらに強め、与党の国会運営が一層難しくなりそうだ。尹政権は元徴用工問題の解決を急ぐが、野党の協力を得られず日韓関係改善に影響する可能性がある。尹政権初の通常国会は1日に始まった。