【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、国会に当たる最高人民会議が8日に核兵器の使用条件などを定めた法令を採択したと報じた。金正恩朝鮮労働党総書記が兼務する国務委員長だけが核使用を指揮し、すべての決定権を持つと規定し、核の先行使用も想定する内容。金正恩氏は8日の会議で施政演説し、米国は究極的には北朝鮮の体制崩壊を狙っていると主張し「絶対に核を放棄できない」と述べ、非核化交渉を拒否する姿勢を鮮明にした。

 法令は、核の指揮統制体系が攻撃によって危機にひんした場合、敵を壊滅させるため核攻撃が「自動的に即時断行される」とも明記した。