【キーウ共同】米シンクタンクの戦争研究所は11日、ウクライナ軍が東部ハリコフ州のロシア制圧地域のほぼ全域を大きく奪還したとの分析を発表した。ロシア軍は戦略的要衝イジュムを含む補給路を失い、プーチン政権が目標とする東部ドンバス地域全域の掌握は困難になったとの見方を示した。戦果の背景に高機動ロケット砲システム「ハイマース」など米欧供与兵器の活用があると指摘した。

 11日でロシアの侵攻開始から200日。ウクライナ軍はこれまでで屈指の反攻に成功した。タス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は12日「特別軍事作戦は全ての目標が達成されるまで続く」と主張した。