新型コロナウイルスワクチンを手がける米モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は13日、共同通信のインタビューに応じ、オミクロン株に対応した新ワクチンについて「オミクロン株への抗体量が大きく増える」と強調し、特に高齢者には重症化予防などの大きな有効性が期待できるとアピールした。

 厚生労働省は12日、オミクロン株初期に流行した「BA・1」成分を含む新ワクチンを特例承認。政府は20日から接種を始める方向で調整している。バンセル氏は、現在国内で流行の主流となっている「BA・5」への対応品も今後申請する方針だとしている。