塩野義製薬は16日、開発中の新型コロナ感染症治療薬について、韓国での緊急使用許可申請に向け、グループ会社の平安塩野義香港が韓国の製薬会社イルドンと契約を締結したと発表した。承認取得後は韓国政府の購入を目指し、イルドンが当局との協議を進める。

 平安塩野義香港は中国企業との合弁会社で、日本を除くアジアでのコロナ治療薬の販売権を持っている。今回の契約により、塩野義が日本を中心に進めている臨床試験(治験)データを基に、イルドンが緊急使用許可申請の手続きを行う。通常の承認申請についても協議を続ける。

 塩野義は既に中国でも申請に向け、治験データの提出を始めている。