【ニューヨーク共同】林芳正外相は米ニューヨークで19日(日本時間20日)、韓国の朴振外相と会談した。懸案の元徴用工問題について、早期解決に向けて両国間の協議を継続していくことを確認した。国連総会に合わせた岸田文雄首相と尹錫悦大統領の対話についても議論となった可能性がある。

 韓国側は15日、国連総会の機会に日韓首脳が会談することで合意したと発表。一方、日本側は正式な会談実施には慎重で、形式も含めた調整が日韓間で続いている。

 林氏は会談後、首脳会談について「首脳間の接点については何ら決まったことはない」と述べた。