【ニューヨーク、キーウ共同】岸田文雄首相は22日(日本時間23日)、訪問先の米ニューヨークでウクライナのシュミハリ首相と会談した。ロシアの侵攻を一刻も早く止めるため、先進7カ国(G7)などと引き続き結束して取り組む考えを伝達。「平和回復と復興実現に向け、国際社会の議論をリードしたい」と述べた。

 シュミハリ氏は、岸田氏から在ウクライナ日本大使館を再開させるとの説明を受けたと通信アプリで明らかにした。会談では日本の支援と対ロ制裁に謝意を示し、今後も緊密に連携する方針を確認した。

 岸田氏は、パキスタンのシャリフ首相とも会談した。