【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は22日、ウクライナ危機を協議する初の閣僚級会合を開いた。欧米の外相らがロシアの部分動員令や親ロシア派によるウクライナでの住民投票を批判し、ロシアのラブロフ外相はウクライナ政府が親ロ派住民を弾圧していると主張して侵攻を正当化。激しい非難の応酬となり、ラブロフ氏は発言直後に途中退席した。

 関係国として参加したウクライナのクレバ外相は「ロシアの外交官は兵士と同じようにうまく逃げた」と皮肉を込め、「追加動員してもロシアが勝つことはない」と語った。

 安保理はロシアの拒否権行使で、ウクライナ危機への一致した対応を取れていない。