東京電力福島第1原発の敷地内にある日本原子力研究開発機構大熊分析・研究センター(福島県大熊町)に、汚染水を浄化した後の処理水や中低線量のがれきの分析を担う施設が完成し、25日、関係者向けの内覧会が開かれた。10月に分析作業を始める。

 政府、東電は来年春にも処理水の海洋放出を始める考え。原子力機構の小口正範理事長は報道陣の取材に「処理水放出に向け、放射性物質濃度が安全基準を下回っているか、第三者として客観的で透明性のある検証をしていきたい」と述べた。測定結果に加え分析方法の公表も検討している。

 今回完成したのは「放射性物質分析・研究施設第1棟」。