ハリス米副大統領は28日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)で演説し「米国は台湾との非公式な結びつきを深め続ける」と述べ、米台関係のさらなる強化を目指す姿勢を表明した。米国の「一つの中国」政策を維持する方針を重ねて示しながらも、要人往来や軍事支援などを強める考えとみられる。

 ミサイル駆逐艦ハワードで演説したハリス氏は「中国は台湾海峡の現状を一方的に損なおうとしており、攻撃的な振る舞いを続けるだろう」と警戒感をあらわにした。「米国は台湾の自衛を支援し続ける」と強調し、台湾への軍事圧力を強める中国に対抗する姿勢を鮮明にした。(共同)