【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院は28日、北朝鮮が核実験を強行するならば10月16日に開幕する中国共産党大会後から、11月8日の米中間選挙までの間の可能性が高いとの見解を明らかにした。国情院が非公開の国会情報委員会に報告した内容を、出席議員が記者団に語った。共産党大会は10月下旬に閉幕するとみられる。

 国情院は、北朝鮮北東部豊渓里の核実験場で坑道が復旧され、核実験の可能性が高まっていると説明。実験を実施するかどうかは、新型コロナウイルスの流行状況なども影響するとの見方を示したという。