【キーウ共同】国際原子力機関(IAEA)は5日、声明を発表し、グロッシ事務局長が原子力の安全性や、原発周辺の安全管理区域の設置を巡りウクライナ、ロシアの双方と協議すると明らかにした。ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ南部のザポロジエ原発を「国有化」する大統領令に署名したことを受け、対応策を探る。

 グロッシ氏は6日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ザポロジエ原発はウクライナの施設だとの見解を表明した。ロイター通信が報じた。タス通信によると、ウクライナ訪問に合わせ、ザポロジエ原発に向かう可能性がある。その後にロシアも訪れ、関係当局と協議する。